髪のボリュームやツヤ、前髪をアレンジして若々しさをキープしましょう。

MENU

綺麗な髪は第一印象を大きく変える!~ヘアアレンジ編

 

髪をなびかせる女性

 

シャンプーしたままの何もしない髪の毛が許容されるのは、せいぜい20代前半までではないでしょうか。ましてや30歳前半ともなると、人によっては髪に活力が無くなり中には白髪が出てくることも。

 

それをカバーして、さらには魅力的に見える大人の女性のヘアアレンジとは?

 

髪の綺麗さは、女を上げます!

 

 

30歳過ぎたらヘアアレンジのココに注意!

髪の毛を気にする女性

ちょっと前までは何もしなくても、髪の量が多くてゆるふわヘアーも簡単に作れたのに、ふと気づくとトップのボリュームが足りないことに気付くことがありませんか?

 

髪の毛も年齢とともに痩せて、弱ってくるもので、日頃のヘアケアは欠かせませんよね。

 

さらに、ヘアアレンジでも注意しておきたいことがあるので、ご紹介します。

 

ボリューム

頭皮が加齢により劣化してくると、毛根の変形が始まります。

 

それまで頭皮から直角に生えていた髪の毛が、だんだん斜めに倒れてくると、もうそれだけでもボリュームダウンの原因に。

 

若々しさをキープするためには、髪のボリュームは欠かせません。
ヘアアレンジの時には、髪の立ち上がりに注意しましょう。

 

 

ツヤ

ツヤをなくしてバサついた髪は、それだけで5歳は老けて見える上に不潔感も漂いどこか貧相。
どんなにヘアアレンジで作り込んでも、髪にツヤがなければ台無しですよね。

 

普段のヘアケアだけでなく、髪にツヤをプラスするワックスやスプレーを上手に取り入れるといいでしょう。また、ヘアカラーをインド発祥の「ヘナ」に変えてみるのもお勧めです。

 

 

前髪

前髪

前髪は何歳になっても女性の顔の表情を左右するパーツですよね。

 

長めにして横に流せば大人の女性の雰囲気に、一方おでこを隠して前髪を下せば大人かわいい見た目を演出できます。

 

自分に似合う前髪は、もしかしたら20代の時とは変わっているかも。思い切って新しい美容室を開拓してみるなんていかがでしょう。

 

 

ヘアアレンジをしやすいのはミディアムな長さの髪ですが、30歳を過ぎると気を付けたいのが肩先に当たって傷んでしまう毛先です。

 

また、どんな髪型でも定期的に分け目を変えるようにしましょういつも同じ分け目では一か所に負担を掛けるので、そこから薄毛が始まってしまうからです。

 

 

 

へアアレンジで知っておくべきこと3つ!

リフトアップできる整形ヘアアレンジ

このテクは女優さんやタレントも使っています。

 

こめかみ付近のフェイスラインから少し内側へ入った部分の髪の毛を少量すくって、後頭部の上方向へ引き上げます。すると頭皮に吊られて顔の皮膚も必然的に引き上げられ、若かった時の目元が再現できちゃうんですよ。

 

 

シニョンの位置で雰囲気が変わる

シニョン(おだんご)を作るとき、特に意識していることは何ですか?

 

形を整えるのも大切ですが、シニョンの位置が、

  • 鼻より高くなると元気いっぱいな印象
  • 鼻より低く作るとグッと落ち着いた大人の女性の印象

に変わります。

 

 

ショートヘアはシルエットが勝負

大人のショートヘアは、若い世代には真似のできない迫力や色気があるってご存知ですか?
そんな大人ショートを決めるのは、全体をシルエットとして捉えた時にジャストなバランスであることが大切です。髪の毛だけを見ていては、大人のショートヘアは作れませんよね。