厚化粧やクマやくすみを隠すメイクワザ、年齢不相応メイクはNGです。

MENU

あなたの魅力を最大限に引き出す~メイク編

 

化粧品

 

メイクが楽しかったのは何歳まででしたか?

 

たしかに毎日のこととなるとつい億劫に感じられる時もあるのがメイク。

 

けれど忘れないでください。
メイクは本来のあなたの美しさを最大限に引き出してくれるものだということを。

 

それを思い出すと、やっぱりメイクは楽しいものなのです。

 

また、この際なので男性ウケの良い好かれるお肌を作るメイク・テクも押さえて、あなたの魅力をアピールしちゃいましょう。

 

 

30歳過ぎたらメイクのココに注意!

メイクする女の子

あなたがメイクを始めたのはいつからですか?

 

正直言って、メイクを始めた頃はリップひとつで自分の顔がガラリと変わるのが楽しかったですよね。

 

それがいつからか、化粧ポーチには毎度定番のアイテムが万年待機なんてことも。

 

30歳を過ぎた女子がメイクで陥りやすい注意点をチェックしてみましょう。

 

厚化粧
メイクに馴れてしまったために、チェックする目も曇りがち。

ほら、思い出してみてください。
以前はチークを入れただけでも、「酔っ払いみたい」と感じた頃の感性を。

 

それが今では、チークを入れないと「のっぺらぼうで顔色が悪い」と感じませんか?
ポイントメイクだけでなく、それはベースメイクにも当てはまること。

 

時短テクが先行して、自然光でのチェックをしていないと人から見た時、厚塗りのおばさんメイクになっているかもしれませんよ

 

 

ワザに走る
突発的な肌トラブルも場数をこなしているから気にしない。

 

寝不足の翌朝、目の下のクマや顔色のくすみはハイライトやルースパウダーでササッとカバー。
飲み過ぎでできた吹き出物も、コンシーラーとパウダーファンデでチョチョイのチョイ。

 

けれど、それだけで本当にいいのでしょうか?
メイクは本来の美しさを際立たせるもので、決して肌のトラブル対策ではありませんよね。

 

 

年齢不相応
年齢不詳メイクならいいのですが、20代の時から変わらないメイクをしているのはキケン。

 

メイクも年齢とともに色選びややり方が変わるものです。

 

というのも、骨格や肌質が変化しているので、大人メイクはその変化に応じて合わせる必要があるから

 

いつまでも20代メイクを続けていると、「若々しい」のではなく単なる「若作り」メイクになっている可能性があります。

 

 

あなたが今、自分のメイクをマンネリに感じているようなら、それは見た目的にも魅力を消してしまっているかもしれません。
もう一度自分の肌質やパーツを客観的に見直して、メイク本来の役割を取り戻しましょう。BAさんにタッチアップしてもらうのも、いい勉強になるのでお勧めです。

 

 

 

メイクで知っておくべきこと3つ!

下地クリームを使う

下地クリームは肌のきめを整え、化粧崩れを抑えてくれます。

 

さらに肌色補正の効果紫外線予防などの機能性を備えた製品がいろいろ揃えられているので、目的に合った下地を選ぶようにしましょう。

 

ファンデーションを使い分ける

洗顔後に乳液を付けて、その上からパウダーを叩いて「はい、おしまい」なんて手抜きメイクをしていませんか?30歳を過ぎたならベースメイクに一層の関心を持って知識を身に付けるようにしましょう

 

ツヤ肌メイクの上手な作り方

あるアンケート調査で、男性が女性の肌を「美しい」と感じると答えたのは、圧倒的にツヤ・メイクの方でした。

 

でも一歩間違うとツヤ・メイクは、単なるテカリ肌になってしまう危うさを持っています

 

そうならないためのコツは、地肌の潤いや保湿を充分に補って過剰な皮脂を抑えることにあります。ハイライトの使い方も、ツヤ肌を上手に演出するポイントになりますよね。